会長からのメッセージ

会長写真みなさん、こんにちは。トヨタキルロスカモーターの立花です。

バンガロールの日本商工会は、2011年に当時の日本人会商工部が独立する形でスタート、その後2012年12月に法人格を取得し8年目の現在を迎えています。

私は、栄えある7代目の会長となります。 

ご承知の通り、持続的な経済成長を遂げるインドで日系企業の進出は増加しており、全インドで1,369社 (2017. 10月時点) 、在留邦人も9,197人 (2017. 10月時点)を数えるに至っています。同様にカルナタカ州/バンガロールへの進出企業数も増加しており、進出日系企業215社、在留邦人1,306人を誇るまでになっています。バンガロール日本商工会の会員数も設立当初2011年の63社から大きく数を伸ばし、現在は157社の会員企業によって構成されています(2018. 6月時点)。

当商工会は、日印間の産業発展、貿易振興、交流促進、更には関係情報の収集・交換、会員相互の学習と親睦を図る事を目的に設立されており、主な活動としては以下のものがあります。
① 奇数月の第二水曜日に開催される会員相互の情報交換・親睦を目的として開催される会『二水会』
② 情報共有と勉強を目的とする『税務労務委員会』『インフラ委員会』
③ 企業活動の環境改善を目的としてカルナタカ州政府との積極的な対話の場となる『建議書委員会』
④ その他、他地域の商工会との積極的な交流等

過去2年間、当商工会では「敷居の低い商工会」を合言葉に、会員の皆さんが参加しやすい取り組みを進めて参りました。本年はそれを更に一歩進め、「参画型」の取り組みへとステップアップしていきたいと考えております。どの様なご相談・ご質問・ご要望でも結構です、何かありましたらお気軽にHP、又は事務局までご連絡ください。縁あってこの地で一緒に経済活動を営み、暮らす日系企業の皆さん、日本人の皆さんにしっかりと寄り添い、経済活動、生活環境の改善に少しでもお役に立てればと思っております。それが最終的にはインドの地域社会の発展に繋がるものと信じています。

最後に、みなさん、バンガロールでガンバロー!!

バンガロール日本商工会 会長 立花 昭人
トヨタキルロスカモーター 社長
2018年7月吉日